歯がボロボロ…!槇原敬之の近況がどう見ても廃人でヤバかった件

2月13日、槇原敬之が覚せい剤取締法違反で逮捕されましたが、近年の槇原がどう考えてもおかしかったと話題になっています。この記事では薬物によって槇原敬之の身体がボロボロであることを暗示するヤバい画像をまとめてみました。

2月13日、歌手の槇原敬之が覚せい剤取締法違反で逮捕されました。

槇原敬之が覚せい剤取締法違反で逮捕されるのは、1999年に続いて2回目となります。

1回目の逮捕以降は、歌手活動、テレビ出演もしていましたが、近年の様子はどう見ても薬物により身体がボロボロで廃人丸出しの危ない感じであったことがネットで多く指摘されています。

この記事では槇原敬之の廃人のような最近の様子を伝える画像をまとめてみました。



槇原敬之の逮捕容疑と逮捕経緯

・逮捕容疑
1)おととしの平成30年4月11日、当時知人の男性と住んでいた港区海岸のマンションの一室で、覚醒剤を含む粉末0.083グラムを所持

2)おととしの平成30年3月30日同マンションでいわゆる危険ドラッグの液体64.2ミリリットルを所持していた疑い

・逮捕の経緯
1)おととしの平成30年4月、マンションの捜索で覚醒剤などを発見していて、同居する知人男性が逮捕・起訴
 ↓
2)その後の捜査で、槇原容疑者もこの覚醒剤などを所持していた疑いが強まる
 ↓
3)慎重に裏付け捜査を進める
 ↓
4)令和2年2月13日午後4時45分ごろ、渋谷区神宮前の自宅で槇原容疑者を通常逮捕


槇原敬之の歯がヤバい

槇原敬之の歯

槇原敬之の歯

槇原敬之の歯

もともと歯並びは悪かったのですが、歌声が変わってしまうことを恐れて矯正をしなかったと言われています。ですが、近年の様子は歯並びが悪いだけでなく、歯が溶けてしまっているようにも見えます。


槇原敬之の髪がヤバい

髪の毛が抜けて、さらに表情も疲れ切っており、薬物の影響で身体がボロボロであることがよくわかります。

覚醒剤使用を匂わせるツイート

槇原敬之がTwitterで覚せい剤の使用を暗示するツイートをしていました。覚せい剤はキマった状態になると身体が冷たくなることから「アイス」とも呼ばれます。ツイートで槇原は「本当のアイス」と書き込んでいました。これはつまり「アイス」、いわゆる覚醒剤を使用していることを匂わせているとも言えます。


槇原敬之の表情が疲れすぎ

上の画像は逮捕1週間前に報道番組にテレビ出演したときのものです。テレビ出演には不釣り合いなヒゲ、疲労を感じる表情など、薬物中毒の兆候があらわれています。

テレビ出演で滝のような大汗を流していた

 

冬でも大汗を流すのは覚醒剤中毒者を見分ける決定的な特徴とも言われています。

まとめ

槇原敬之の逮捕経緯を要約するとこのようになります。

2年前にマンションを捜索し、シャブとラッシュを押収

その場にいた元社長「それはマッキーの」と供述

本当に槇原敬之の物なのか慎重に捜査

槇原敬之の物と判明し今日逮捕

同居男性の逮捕から約2年経っていますから、警察はやけに慎重に捜査していたことになります。いつでも逮捕できるように泳がされていたのかもしれません。

近年の歯や髪、表情が尋常ではない感じでしたので、周囲は槇原敬之の様子がおかしいことに気付いていた可能性もあるのでしょう。


最新情報をチェックしよう!