「麒麟がくる」第1話あらすじ&相関図まとめ 松永久秀がいい奴すぎると話題に

芸能裏情報おもしろまとめ

2020年1月19日にNHK大河ドラマ「麒麟がくる」第1話が放送されました。

「麒麟がくる」は明智光秀(長谷川博己)を主人公とした戦国時代が舞台の大河ドラマです。

この記事では「麒麟がくる」第1話のあらすじと感想をまとめ、相関図を掲載するとともに中でも強い印象を残した松永久秀の登場シーンについても特集してみました。

【ネタバレあり】「麒麟がくる」第1話のあらすじ

・天文16年(1547年)、舞台は土岐氏が支配する美濃
・国境近くに位置する「明智荘」に野盗が襲来する
十兵衛(後の明智光秀・長谷川博己)たちは矢で対抗するが野盗は鉄砲を持っていた
・十兵衛は逃げ遅れた野盗・菊丸(岡村隆史)を捕らえ、野盗が持っていた武器が鉄砲だと知る
・その鉄砲が売られている堺へ行ってみたいと、幼馴染の斎藤高政(後の斎藤義龍・伊藤英明)を通じて主君の斎藤利政(後の斎藤道三・本木雅弘)に直訴する
・納得しない利政に対し十兵衛は利政の正室である小見の方の病を治す医者を連れてくると宣言し堺行きの許可を得る
・鉄砲を手に入れるため刀鍛冶の宗次郎の店へ行くが、店先で出会った将軍の側近・三淵藤英(谷原章介)らに、主君の斎藤利政を田舎大名とバカにされ鉄砲を手に入れるのを諦めるよう言われる
・そこに松永久秀(吉田鋼太郎)が登場。松永は十兵衛に斎藤利政を尊敬していると伝え、気が合った2人は宿で酒を飲みかわす
・十兵衛は酔いつぶれ、朝になって目覚めると枕元に鉄砲が置いてあり、「また会おう」という松永からの置き手紙があった
・次に十兵衛は医者を探しに京へ行き、望月東庵という名医のもとへ向かった
望月東庵(堺正章)の居場所を見つけ、助手の駒(門脇麦)に頼み、会わせてもらう
・しかし東庵は美濃行きを断る
・その後、近くの民家が火事になる。民家の中には小さな子供がいるという
・十兵衛は水をかぶり民家の中に突撃し子供を救出する
・その姿に感動した東庵は美濃へ行くことを了承した


「麒麟がくる」登場人物相関図


松永久秀がいい奴すぎる

吉田演じる松永久秀は、主に畿内を中心に勢力を広める戦国武将。軍事政治両面において力を発揮し、したたかで荒々しい生き方が若き光秀に大きな影響を与える。戦国三大梟雄(きょうゆう)の1人
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/19/kiji/20200119s00041000419000c.html

久秀は光秀を食事に誘い、鉄砲を買うため大金を持つ光秀は酔いつぶれてしまう。翌朝、金を盗まれたと思った光秀だが、枕元には2~3カ月はかかると言われた鉄砲
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/19/kiji/20200119s00041000419000c.html

インターネット上には「松永久秀、サンタクロースかよw」「サンタさん(松永久秀)からプレゼント(鉄砲)をもらった子ども(光秀)の図」「クリスマスに停戦した松永久秀がサンタさんみたいなことをしている」などの書き込みが相次ぎ“松永久秀サンタ説”が浮上した
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/19/kiji/20200119s00041000419000c.html

茶器とともに爆死したとも言われるだけに、その“最期”にも早くも注目が集まった
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/19/kiji/20200119s00041000419000c.html

大金を持つ田舎者の光秀にしこたま酒を飲ませてメチャクチャ悪い顔↓案の定金盗られた~と思いきや枕元に置き手紙と鉄砲が…!っていうまさかの松永久秀サンタの流れ、大好き過ぎて一気に「今後一年間見よ」って思ったよね 麒麟がくる

サンタさん(松永久秀)からプレゼント(鉄砲)をもらった子供(光秀)の図麒麟がくる

どんなに新しい光秀像が描かれようと、どんな大河ドラマになろうと、「茶釜を抱えて爆死」というエピソードを期待されてしまう吉田鋼太郎氏演ずる松永久秀。お召し物からして何ともド派手な「花火風」🔥🔥🔥黒地花火風乱れ花変わり織麒麟がくる

松永久秀、爆発みたいな柄の着物着ててクソ笑ってる。爆死ネタバレ?

着物の柄からして絶対に爆発するぞ!っていうアツい意思を感じる麒麟がくる

データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。

「麒麟がくる」第1話の感想

第1回「光秀、西へ」よりドラマを楽しんでいただくための『トリセツ』を毎週更新していきます。・美濃国ってどこ?・斎藤家と明智家の関係は?・四書五経はどんな書物?・東庵の借金だという百貫っていくら?麒麟がくる ▼「第1回トリセツ」はこちら▼

「京都の町で、火をつけられ火事になった家から光秀がウメちゃんを助けるシーンは、セットで建てられた家を本当に燃やして撮影しました。火も熱かったのですが、それよりも煙がすごくて、そういう意味では苦しそうな芝居をする必要がないくらいでした」(長谷川博己)麒麟がくる

控え目に行って本木雅弘の斎藤道三リアル古書から飛び出してきた生ける武士すぎる。麒麟がくる 明智光秀

麒麟がくる まとめ・吉田鋼太郎(松永久秀)と谷原章介(三淵藤英)が見つめ合うシーンでおっさんずラブ始まるのかと思ったけど、どう考えても始まるのはおっさんずキル・南都解説拳の使い手 松永久秀・さらっと「国盗り物語」二代説採用を表明・第1話から爆弾正登場&火災で民家爆発麒麟がくる

大みそかのスペシャルで牧役の石川さゆりさんが仰っていらしたとおり、当時の女性の座り方とされる立膝を取り入れられていました。刀を受け取るときも、直接触れぬように袖で素手を隠して。麒麟がくる では、こうした所作もできるだけ時代考証に忠実にしていきたいとのこと。もう期待しかないです😊

○オープニング最高○躊躇いもなく人を斬る主人公○人買いなど中世のエグい描写が「ありふれた光景」として普通に通り過ぎていく(重要)○おっさんが可愛い○室町幕府組一番手がまさかの三淵藤英○主演のポテンシャルを引き出せそうな脚本&演出○池端大河だぁぁぁぁぁぁ!(歓喜)麒麟がくる

個人的には室町末期には当たり前のこと(=人を斬る、人買いなど)が「ありふれた日常」として描かれていたのが嬉しいです。この分だと主人公が被害者面しない大河になりそう。 麒麟がくる

しかし帰蝶の帰参シーン、あんな数秒でも周りに滅茶苦茶人(父上と家臣と侍女)がいて、これ改めて攝り直ししたのか、こんなんが第10話まで続くのか、スタッフの皆様マジ地獄だったろうなって思いました… 麒麟がくる

野盗による略奪とそれを血で贖わせようとする武士、女性の立膝、無法関所、人身売買、竹火縄の銃、都の六角堂等々「考証はしております」姿勢を見せつつ、敢えてのあの色彩。パッと見わかりやすい王道大河のスタート。第二話以降、どんな感じになるんでしょう。楽しみです 麒麟がくる


最新情報をチェックしよう!