禁足地「オソロシドコロ」が怖すぎる…「クレイジージャーニー」が潜入した長崎県対馬の不気味なエリア

2月14日放送「クレイジージャーニー」(TBS)では、オカルト研究者の吉田悠軌氏が長崎県対馬で1300年間禁足地だった「オソロシドコロ」に潜入し取材しました。

祝、日本勝利!!そして、1時間後の24:06〜『 #クレイジージャーニー 』① #丸山ゴンザレス がヨーロッパ最大級の #スラム街 で突如襲撃される…、一体何があったのか?② #オカルト 研究家 #吉田悠軌 が、人が立ち入ってはいけない #禁足地 へ!そこで、今なお残る驚きのしきたりとは? #tbs


 

禁足地とは、歴史的・宗教的背景から立ち入りが禁じられている場所で、日本ではほかに沖ノ島や沖縄県のフボー御嶽などの例があります。

番組では吉田悠軌氏がオソロシドコロと、そこから車で30分の多久頭魂神社を回って、何とも言えない不気味な実態を取材しています。

禁足地とは


禁足地:何人も足を踏み入れてはならない神聖な場所 歴史的・宗教的に人が立ち入るのを禁じられた場所


#クレイジージャーニー オカルト研究家・吉田さんの「禁足地」足を踏み入れてはいけない場所、長崎県対馬の1300年間立入禁止の「オソロシドコロ」 この名前の時点でダメでしょうw


いまクレイジージャーニーでやってる禁足地「オソロシドコロ」って、もうワードの時点で強烈に怖いもの見たさをかきたてるね…


対馬で1300年間禁足地だった 「オソロシドコロ」、入口の雰囲気が 島根の黄泉比良坂みたいで既に怖い😨 #クレイジージャーニー #tbs


禁足地の信仰見ると「お前らあの山に入ったんか!?」とか割とマヂにあるんじゃないかと思えてくる


『禁足地』 日本にはこういった立ち入ってはいけない聖域みたいな場所があるらしい❗知らなかった…自分の国なのに… #禁足地


奥多摩とか奥秩父にも禁足地多いんだよね。


千葉の八幡にも禁足地あるよね



市川の禁足地、八幡の藪知らずの近くには、木尾田という名のまろやか優しい味のラーメンを出してくれる名店があります。



クレイジージャーニー怖いな と思って禁足地を調べてみたら 宮島にもあるっぽい



洒落怖とかネタ9割で読んでるけど禁足地とか本当にあるんだしこういうの見ると村のお年寄りに「なんであそこに入った!!!」っていうありがちな展開もあながち嘘とは言えないのかしら

 

今回の目的地は長崎県対馬のオソロシドコロ

長崎県の対馬には「オソロシドコロ」と呼ばれる墓所があるッス。対馬の天道信仰は7世紀後半に信仰された天道法師、太陽と龍良山全体をご神体とした信仰で、その墓所は「表・裏八丁角」の二箇所がオソロシドコロで多久頭魂神社と合わせて祀られているッス。一部は立入禁止ッス。



オソロシドコロってもう名前からダメだろ


オソロシドコロて……名前がもう恐いしそんな所に行ける吉田さんが凄ぇよ。


#クレイジージャーニー オカルト研究家・吉田さんの「禁足地」足を踏み入れてはいけない場所、長崎県対馬の1300年間立入禁止の「オソロシドコロ」 この名前の時点でダメでしょうw


いまクレイジージャーニーでやってる禁足地「オソロシドコロ」って、もうワードの時点で強烈に怖いもの見たさをかきたてるね…


TVでやってる対馬のオソロシドコロ、エネルギーがすげえわ(・∀・)めっちゃ熱くてヒリついたエナジーがでてる。神社とは逆の感じのエナジー。


オソロシドコロなんか杉沢村みたいなところやな

 

現地に到着し険しい山道へ 途中から徒歩でオソロシドコロを目指す

クレイジージャーニーで対馬がピックアップされる日が来るとは…たしかにクレイジーな場所や風習ばかりな島だしな笑 それも含めて愛すべき島。愛が強すぎて撮りすぎた笑 「禁足地」についての特集。


・塩で清める ・転んではいけない ・大声を出さない ・石など拾わない オソロシドコロでの注意事項 #クレイジージャーニー


オソロシドコロ?禁足地で転ばない持ち帰らないは理解できる

 

怖すぎるオソロシドコロの実態

クレージージャーニー「対馬の禁足地・オソロシドコロ」


クレージージャーニー「禁足地・オソロシドコロ」天地の神・天道法師が眠る塚。


この案内のおじさん黒目がでかくて余計にオソロシドコロの不気味さが #クレイジージャーニー


石積みの祠って… どんなRPG… あの鳥居を潜らないといけないのか… 手をつくのは平気なのかな? #クレイジージャーニー


対馬のオソロシドコロ… 地元にも霊山あるからわかるけども日本はせまいけども深い。そして日本の神様はむげにあつかうとほんとに祟る。

次なる禁足地 多久頭魂神社

#クレイジージャーニー 多久頭魂(たくずたま)神社の不入坪(いらぬつぼ) 宮司さんがもういないのか・・・地元の人でも、今初めて見たとか、本当に誰も近づかなかったのだろうな・・・・・


クレージージャーニー「対馬オソロシドコロ」近くの廃神社内の禁足地にある石積み。



禁足地があるのに後を継ぐ人がいない神社ってだいぶおそろしいな…


まず禁足地プラス 神主がいない神社や 凄まじいな


禁足地管理してる神社の神主が亡くなって跡継ぎいないから数年野ざらしってのも、なんかありそうな雰囲気ビンビンでいい


オソロシドコロの「転んじゃいけない」「葉っぱをくわえる」「後退りして帰る」とかのルールは何となくケモノを相手にしてる感じだけど オクリオオカミとかも転んだら喰われちゃうから万が一転んだら一休みしたフリするとかあるし 目を離さず後退りして逃げるのもクマとかの対処法だよね

 

ネット民による禁足地に関する考察

場所によっては、凹地になってて有毒ガスが溜まってたりして入ったら酸欠やら毒で亡くなるから禁足地になってたりする。 今回のはまた別なんだろうけど。 #クレイジージャーニー


親から「昔から入ってはいけない場所」と理由も分からず言い伝えを頑なに守ったまま、禁足地はこれからも立入禁止が引き継がれていくのか。


@jinji_29 現代であれば調べれば原因が判明するけど、昔では原因が分からなかったが故に「駄目」とだけ言われ、それが語り継がれた結果ですよね。近い所だと「風土病」みたいな、謎が解明されていく過程を知るのはヒトの進化の過程を知る上でもとても興味深いです。


@Miyaziman ナスカの地上絵やピラミッドの謎なども近年では新しい発見のもとに少しづつ解明されていて、未だ興味が尽きないですね。 そういった謎は謎のままでも神秘的でいいですが、どうせ一度の人生、生きているうちに答えを知ってみたいものです〜


@jinji_29 まぁ判明した結果、「オリハルコンは現代の真鍮でした〜」みたいなショボーン(´・ω・`)な結果だとアレですけどねwあ、あと。先ほど書いた風土病。正しくは地方病でした;地方病のwikiが真相究明的になかなか熱いんですよね。


@Miyaziman なるほど地方病(風土病)は、昔では特定された原因は的外れで仮説の範囲を出なかったんですね。 それが現在解明に至った過程を知ることは、人間の進歩が垣間見れる確かな資料ですね!面白い


@jinji_29 現代の山梨県で何であれほど果樹園が普及してるのか疑問だったんですが、それの答えも得られますよね。何事にも原因と理由があるのだなーと思いました。


禁足地。 聞き慣れない言葉だけど日本にそういうエリアがあるなんて全然知らなかった... 管理者が亡くなってしまった事もあり、一部謎に包まれてしまった部分もあったけど改めて思うのは、継承ってすごく大事なんだな。って事。 経緯や背景がわからないって実はすごく怖い。 #クレイジージャーニー


不入坪=禁足地 聖なる地として人が穢してはならない場所 その地で長きに渡り禁足のルールが守られてきたという不思議で神秘的な空間 入ったらどうなるんだろう…と興味はあるけれども、だからといって自分が入るのは怖い そういう【未知】が見えない力となっているのか #クレイジージャーニー


禁足地のしきたりとか土着信仰とか何が怖いのがはっきりしないじわじわした怖さって諸星大二郎先生の作品でよく読んだ。ゾクゾクする。 #クレイジージャーニー


禁足地おもしれー!と思うけど、個人的にはそこに侵入するのは好きではない。信仰や信心は人間の根幹に関わる重要な柱の一つであり、無遠慮に踏み荒らすのは簡単だが、積み上げてきた大事なもの、解明されないロマンとかも忘れちゃいけないものだと思う。我々は暇になると碌なことをしないからな。


禁足地を管理する人が居なくなったら、タブーもだんだん忘れ去られていくんだよな。うっかり入ってえらい目に遭っても 、宗教的なものがうさんくさがられるこのご時世、助けてくれる人も場所もないだろうし……知らん所には入るもんじゃないなあ。


宗教文化史をやってて、実地調査やってると。禁足地や、入るためには条件をクリアしなければならない地などは割合よく出会う。 岡山県である事(陰陽師関係)について調べた際にも禁忌がある土地はいくつかあったなあ。


対馬のオソロシドコロみてると、韓国文化圏だなぁ、と。 韓国の寺院内の至るところにあった石積みを思い出した。 #クレイジージャーニー


対馬の地理わからんから何とも言えないんだけど、肝試ししたがるアホを呼び寄せちゃうからTVで禁足地紹介しちゃダメなんじゃないの?と思ったり。オカルド信じてないけど地元の人達が畏敬の念を持って神聖視してきた場所だから敬意をさぁ・・・んーなんとも。 #クレイジージャーニー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で