武漢への支援物資に書かれた言葉が中国で感動を呼んでいる

日本から武漢へ送られた支援物資の箱に書かれたメッセージ「山川異域、風月同天」が中国で感動を呼んでいる件について、日本の反応、中国の反応をまとめてみました。

日本から武漢へ寄付された支援物資の箱に書かれた粋なメッセージが中国で話題になっています。

HSK事務局(中国語検定の事務局)はマスク2万枚や体温計を新型コロナウイルスの感染者の急増する武漢へ支援物資として送りましたが、その箱には「山川異域、風月同天」と書かれていました。

「地域や国が異なっても、風月の営みは同じ空の下でつながっている」という意味で、元は天武天皇の孫、長屋王が中国へ伝えた詩の一節です。

この粋な応援メッセージは現在、中国で感動を呼び、中国のSNS「Weibo」でも多くの反響があります。

この記事では支援物資に書かれたメッセージやネットの反応、中国の反応を調べ、まとめてみました。

箱に書かれた「山川異域、風月同天」の言葉

武漢への日本支援物資に貼られた文字は中国で話題になっている。天宝元年、日本僧の栄叡と普照が鑑真のもとを訪れ、受戒システムがない日本仏教を救うために誰かを派遣してほしいと懇願したと同時に仏国を目指した長屋王が唐に贈った袈裟千枚の話を聞く。「山川異域、風月同天、寄諸仏子、共結来縁」。

山川域を異にすれども風月は天を同じとす諸の仏の子(弟子)寄りて共に来たりて縁を結ばん…

意味は「私たちが生まれた国土は違いますが、天空を吹く風や、月には国境はありません。この袈裟を、仏教を学ぶみなさまにお贈りします。ともに永遠の縁を結ぼうではありませんか」

山川域を異にすれども、風月天を同じくす。諸の仏子に寄せて、共に来縁を結ばん。『唐大和尚東征伝』井上靖『天平の甍』第2章【私訳】住んでいる場所は異なるけれど、人は同じ空の下にある。仏を同じく信仰する人らよ、共に縁を結ぼうではないか。


ネットの反応

1000年以上前の話を紐解いて交流の謎かけするとは、書いた人すごい教養者だなあ

これ考えたやつ、天才。秀才。国家間の付き合いがどうあるべきか、漢詩・歴史に詳しく本当によく知っていて、中国人のメンツも知っている人だね。センスありすぎ。カッコいい。

さらっとこういう対応ができるのは、日本のHSK事務局にすごく教養をお持ちの方がいらっしゃるからこそだと思う。やはり教養は大切だと改めて思った。

訳すと「山川の地域は互いに異なるが、同じ風月の空を仰ぐ」かしらん。大変いいエピソードである。

日本と中国が、文字の共有だけでなく、思想や哲学を共有していて、さらに共通の歴史上の経験を典拠として会話が成り立つことを再認識。やっぱりこういう隣人、大事にしたい。

その長屋王さん謀反の疑いで処刑されちゃうんだよね・・・。鑑真が日本についた時にはもうその袈裟を送った人は昔に死んでいたが彼の送った袈裟は日本の仏教に信じられない影響を残した。

これ、数日前にNHKで、鑑真和上が見た風景をドローンで見るという番組の再放送をしてて、その中でも紹介されてた。「山河は違えど同じ風が吹き同じ月を見る」いい言葉だ。今日本に必要な言葉だ。

これ書いた人も受け取り読み解いた人も凄い。今回奈良で旅行した中国人から感染した人が最初に出たけど、中国では唐招提寺に訪れるツアーが人気らしい。

贈ったのは中国語検定協会だそうです。こういうのが教養なんですね。かっこいい!

データの取得に失敗しました。ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。

「教養がある」ってこういう事ですよね。知識が豊富な事も重要だが、適切なタイミングで用いる事が出来て初めて教養があると言え、教養がある状態になると種々の振る舞い、所作が優雅になる。生存が第一目標でない文明世界に生きる人間の一つの完成形なのではないかと思う。

湖北高校ってなっているけれど、中国だと高校=大学かぁ。送り主のHSK事務局は中国語検定やっているのね。大学向けなら、これが書いてあれば気がつく人もいそうだなぁ。


中国の反応は?

このメッセージは中国版Twitterと言われる「Weibo」で拡散し、多くの中国人の感動を呼んでいます。

この投稿は2月1日時点で6万8千以上のリツイート、32万以上のいいねを獲得しています。

【前半部分訳】
日本の中国語検定事務所HSKが湖北に物資を寄付しました。2万枚のマスクと大量の赤外線体温計です。ラベルには「山川異域、風月同天」と書いてあります。感動しました。

こちらの投稿も後追いながら、1万3千以上のリツイートを獲得しています。

【訳】
この画像を見てほしい「山川異域、風月同天」
ああ、なんと言えばいいのか…。寒い冬に外を歩き、温かいお茶を一口飲んで五臓六腑が快適になったような感じだろうか。
寄付の友情だけでなく、漢文を引用したメッセージが美しい。どれだけ文明が進歩しようとも、この詩と雰囲気を現代語でとって代わることはできない。
これが我々の文化の本質だ。

この2つの投稿には多くのリプライが集まっており、中国人の間でも大きな反響を呼んでいることがわかります。

また、こちらのリンクをたどってみると、この2つ以外にも多くのツイートがあることがわかります。


「山川異域、風月同天」の出典は?

「(日本から贈られた)袈裟の縁には四句を刺しゅうして『山川異域 風月同天 寄諸仏子 共結来縁』と記してあった
出典:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31393980V00C18A6960E00/

この古事より日本は仏教が盛んで仏縁のある国と感じ(中略)招きに応じる決意を表した」。四句は「国は異なるが天は同じ。袈裟を僧侶に寄進し縁を結ぼう」という意味だ
出典:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31393980V00C18A6960E00/

「山川異域 風月同天 寄諸仏子 共結来縁」(地域や国が異なっても、風月の営みは同じ空の下でつながっている。この袈裟を僧に喜捨し、ともに来世での縁を結びましょう)
出典:https://www.asahi.com/articles/ASK963RZNK96POMB003.html

天智天皇の孫である皇族・長屋王が、「山川異域 風月同天 寄諸仏子 共結来縁」という刺繍を入れた袈裟を唐(中国)に贈ったところ、それを知った鑑真が日本への渡航を決意したと伝えられています。

しかし鑑真は日本への渡航に5回失敗。その間、疲労のために失明しながら、遣唐使の船に同乗することで6回目にしてようやく来日しましたが、長屋王はすでに死去していました。

鑑真はその後、日本に仏教の様々な知識を伝え、また、悲田院を作り貧民救済にも積極的に取り組んだことが、現在にも語り継がれています。


最新情報をチェックしよう!