日本国籍を捨てたカズ・ヒロの日本嫌い発言集

第92回アカデミー賞でイク・ヘアスタイリング賞を受賞したカズ・ヒロ(辻一弘)さんの、日本嫌い発言をまとめています。日本国籍を捨ててアメリカ人になった理由についても調べています。日本文化への憎しみがこもった発言の数々に、「日本人が受賞!」と浮かれていた日本人が衝撃を受け、一気に祝福ムードがなくなるなど波紋を呼んでいます。

第92回アカデミー賞で、カズ・ヒロ(辻一弘)さんが2回目のメイク・ヘアスタイリング賞を受賞しました。

この快挙を日本メディアは次々に「日本人の快挙!」と報じましたが、カズ・ヒロさんはすでに日本国籍を捨て米国人になっており、また受賞後の会見で「日本の文化が嫌い」などと発言したことが波紋を呼び始めました。

この記事ではカズ・ヒロさんの日本嫌い発言、日本批判発言を調べ、まとめてみました。



カズ・ヒロ アカデミー賞受賞後の会見でいきなり日本嫌い発言

カズ・ヒロさんは、アメリカのテレビ局のセクハラ問題を描いた映画「スキャンダル」で特殊メイクを担当し、メークアップ・ヘアスタイリング部門を受賞しています。2018年に続き2度目の受賞となります。

しかし、受賞後の会見では、喜ぶ日本メディアに冷水を浴びせるような発言をしています。

記者会見で「日本の経験が受賞に生きたか」と質問されると、英語で「こう言うのは申し訳ないのだが、私は日本を去って、米国人になった」と返答。「(日本の)文化が嫌になってしまったし、(日本で)夢をかなえるのが難しいからだ。それで(今は)ここに住んでいる。ごめんなさい」と続けた
出典:https://www.asahi.com/articles/ASN2B6X6CN2BUHBI01W.html

このように言うのは申し訳ないですが、私が日本を去って、アメリカ人になったのは(日本の)文化に疲れ、夢をかなえるのが難しいからです。だからこそ、ここアメリカに住んでいます。ごめんなさい
出典:https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3901999.html

報道各社によって微妙に文言は違いますが、日本や日本文化が嫌いなのは間違いないようです。

カズ・ヒロさんの日本嫌い発言の動画はこちらです。

 


カズ・ヒロのプロフィール

名前カズ・ヒロ
生年月日1969年5月25日
出身地京都府京都市
国籍アメリカ合衆国
活動期間1996年~

1996年に単身渡米し、2000年には「グリンチ」で第55回英国アカデミー賞を受賞しています。

その後、多くの映画でメイクアップや特殊効果を担当し、2007年2月には第79回アカデミー賞でメイクアップ賞にノミネートされたものの受賞はならず。

2013年公開の「ルーパー」を最後に映画の仕事を離れ、現代美術に転向していましたが、「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」で映画界に復帰。

2017年公開の映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で、主演をオファーされていたゲイリー・オールドマンから2016年に「あなたが(特殊メイクのオファーを)受けなければ、私はこの作品には出ない」と言われ、一週間迷った末に映画界復帰を決意

第90回アカデミー賞でメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞し、映画復帰2作目となった「スキャンダル」でも同賞を受賞し、2作連続での受賞となりました。

シャーリーズ・セロンからの強い希望により、2019年公開の映画『スキャンダル』の特殊メイク担当に参加[7]。第92回アカデミー賞で2度目のメーキャップ&ヘアスタイリング賞を受賞した


カズ・ヒロの日本嫌い/日本批判発言集

「ウィンストン・チャーチル〜」で受賞をした時にも、彼は、「日本を代表して」とか、「日本人として初の」というような言われ方をされるのが、あまり心地よくないと語っていた

日本人は、日本人ということにこだわりすぎて、個人のアイデンティティが確立していないと思うんですよ。だからなかなか進歩しない。そこから抜け出せない

日本の教育と社会が、古い考えをなくならせないようになっているんですよね。それに、日本人は集団意識が強いじゃないですか。その中で当てはまるように生きていっているので、古い考えにコントロールされていて、それを取り外せないんですよ

周囲の目を気にして、その理由で行動する人が多いことが問題。自分が大事だと思うことのために、自分でどんどん進んでいく人がいないと

日本は、威圧されているじゃないですか。社会でどう受け入れられているか、どう見られているか、全部周りの目なんですよね。そこから動けなくて、葛藤が起こって、精神疾患になってしまうんです。結局のところ、自分の人生なのであって、周りの人のために生きているんではないので。当てはまろう、じゃなくて、どう生きるかが大事なんですよ

日本で一番になっても世界に比べたらたいしたことないんですよ。だから、出るべきなんです

日本人の性格的に、敷かれたレールを生きるのはうまいですけど、そこから出るのはなかなかできないと思うんです。でもこれからの世の中、こうあるべきという生き方をしていたら、絶対に幸せになれないと思うんです

ネットの反応

松たか子の着物素敵だし松たか子が好きなものを着てほしいけどそれを「日本の伝統芸能を背負ってる」「日本の誇り」「あの中で一番高価」「日本人として鼻が高い」とかそういう感想がよぐわがんねカズ・ヒロさんもそんな価値観から抜け出したかったんじゃねぇの

悩んでいる人に知ってもらいたいカズ・ヒロさんの言葉。無理に周りに気に入られようとか、周りの波に乗ろうとしなくて良い。おかしいのは貴方ではなく、個性個性言いながら型にはめようとしてくる日本社会の方な。オスカー カズ・ヒロ

昨日のアカデミー賞メイクアップ受賞のカズ・ヒロ氏の言葉「日本では夢を叶えられない」。日本は才能ある人を育てるのが下手。均質化、同調圧力が強く、突出した人や行動を叩く傾向。才能ある人を社会が財産と思って育てられるようになれば。

第92回アカデミー賞のメークアップ・ヘアスタイリング部門でニ度目のオスカーを受賞した京都府出身のカズ・ヒロさんは、昨年、日本国籍を捨ててアメリカ国籍を取得した。前回の受賞時に日本のメディアが「日本人が受賞した」「日本人は凄い」と大騒ぎしたことで日本の文化に嫌気がさしたからだそうだ。

『スキャンダル』でアカデミー賞取ったカズ・ヒロさんの特殊メイク、今回も凄い!

カズ・ヒロさんが言うように、今の日本人は、「日本人である」ことに囚われすぎてるよね…カズオ・イシグロさんがノーベル文学賞を受賞した時も、日本のメディアが群がってたもんね

「日本人は日本ということにこだわりすぎて個人のアイデンティティが確立していないと思うんですよ。だからなかなか進歩しない・・1番大事なのは個人としてどんな存在なのか」「日本人である事に誇りに思う」とか言ってる人、その前にこういう事なんだよ。分かりますか?


最新情報をチェックしよう!