ジャニー喜多川の死去を海外メディアはどう報じたか

2019年7月9日に死去したジャニー喜多川氏ですが、海外メディアは喜多川氏の訃報をどう報じのか。日本の主要メディアが決して報じようとしない過去の性的虐待についての記述を中心に比較できるようにまとめてみました。

ジャニー喜多川の死去を海外メディアはどう報じたか

2019年7月9日にジャニー喜多川が死去したと報じられました。

日本のメディアでは、ジャニーズ事務所所属のアイドルや元ジャニーズのタレントたちが発表したさまざまなコメントを中心に報じられていますが、海外メディアではジャニー喜多川による過去の性的搾取についても報じられています。

そこでこの記事では様々な海外メディアがジャニー喜多川の死去をどう報じたかをまとめてみました。



BBC

イギリスの国営メディアであるBBCではジャニー喜多川の死去について、その経歴を紹介する中で、性的虐待で告発された過去についても報じています。
 

ジャニー喜多川氏、87歳で死去 男性アイドル市場で長年圧倒 – BBCニュース

日本のエンターテインメント業界で絶大な影響力をもっていた、芸能事務所「ジャニーズ事務所」創業者で社長のジャニー喜多川氏が9日、くも膜下出血のため東京の病院で死去した。87歳だった。

本人が表舞台に立つことや取材を受けることはほとんどなく、写真を撮られることも許可しなかった。

 

創業したジャニーズ事務所は国内で非常に大きい力をもつようになり、多大な利益を生む男性グループ市場をほぼ独占した。

 

1999年には、喜多川氏が少年たちを事務所で性的に虐待していると告発する一連の記事を、週刊文春が掲載した。

 

喜多川氏は告発内容を全面否定し、週刊文春を名誉毀損で訴えた。裁判には勝訴したが、のちに判決の一部が覆された。同氏が犯罪に問われたことはなかった。

 

彼が世に送り出したJポップのグループは、世代を超えて日本人の心をとらえた。才能を見出す能力も評判だった。

 

ジャニーズ事務所は業界であまりに圧倒的な存在だったため、ジャニー喜多川氏を批判することはほとんど不可能だった。強大なジャニーズ事務所を脅かそうと挑む人は、日本の主要メディアには皆無だった。
出典:https://www.bbc.com/japanese/48932441



Billboard

アメリカの音楽メディア「ビルボード」もジャニー喜多川の死去について、これまで性的虐待の疑いで訴訟になったことを報じています。
 

Japanese Music Mogul Johnny Kitagawa Dies at 87 | Billboard

Johnny Kitagawa, the iconic founder of Johnny and Associates and for many decades the most powerful man across Japan’s music industry, has passed away at age 87.

There were also allegations of sexual misconduct leveled at Kitagawa concerning the boys in his agency, but none were proven and Kitagawa was never charged.

(訳)

喜多川の事務所に所属する少年への性的不正行為の疑惑もあった。しかし、どれも立証はされず、喜多川が罪に問われることもなかった。



ロイター通信

イギリスの通信社、ロイター通信はジャニー喜多川の訃報を伝える中で、過去に性的虐待報道で裁判になった経過を報じています。
 


Powerful Japanese boy-band producer Kitagawa dies at 87 – Reuters

Johnny Kitagawa, one of the Japanese entertainment industry’s most powerful producers and the Guinness record-winning brain behind many of Japanese pop music’s most popular boy bands, such as SMAP, died on Tuesday at 87 after a stroke, his office said.

In 2002, the Tokyo District Court found in favor of Kitagawa in a defamation suit against a weekly magazine that had alleged he sexually harassed some of the young entertainers he recruited, although the judgment was later partially overturned.

(訳)

2002年、東京地裁は喜多川が事務所の少年に対する性的虐待を告発した週刊誌報道に対する名誉毀損の裁判で、喜多川を支持した。しかし、のちに判決は部分的に覆された。



Hollywood Reporter

アメリカの芸能系ネットメディア「ハリウッド・リポーター」はジャニー喜多川の性的虐待について、訃報を伝える中でかなりの行数を割いて伝えています。
 

Johnny Kitagawa Dead: Japanese Entertainment Mogul Was 87 | Hollywood Reporter

Johnny Kitagawa, a controversial and powerful Japanese-American music producer and talent agency founder, died after a stroke at the age of 87. He helped shape the Japanese entertainment industry, but was dogged by allegations of sexual abuse of young boy-band hopefuls in his agency.

Kitagawa held Guinness World Records for the most number one singles and the most concerts produced by an individual. He was also the subject of multiple accusations of the sexual abuse of young hopefuls in his agency.

(訳)

喜多川はNo.1シングル曲のプロデュースと個人によるコンサート最多プロデュースのギネス世界記録を持っている。同時に彼は事務所所属の有望な若者への性的虐待で複数の告発の対象でもあった。

 

In 1999, the Shukan Bunshun weekly magazine ran a 10-part series detailing allegations of sexual exploitation from a dozen former members of his agency. Kitagawa won damages in a court case against the magazine, but a higher court overturned most of the decision, finding that there was sufficient evidence for the allegations. The Japanese media initially ignored the issue, and even a parliamentary inquiry that followed it, something widely seen as a sign of the control Kitagawa wielded over it.

(訳)

1999年、週刊文春は10週に渡って元所属タレントたちからの性的搾取の告発を連載した。喜多川は名誉毀損裁判に勝訴したが、高裁は告発には十分な証拠があるとして、ほとんどの判決を覆した。日本のメディアはこの問題を当初から無視し、国会の証人喚問さえ、それに続いた。広く見られる喜多川の支配力のあらわれである。



JAPAN TODAY

日本拠点とする英字ネットメディア「JAPAN TODAY」もジャニー喜多川の訃報の中で、性的虐待の疑いについて報じています。

「JAPAN TODAY」は、法人が運営するメディアの中で珍しくコメント欄を開放していますが、この記事のコメント欄には英語圏のユーザーからジャニー喜多川の性的虐待について多くの意見が寄せられていて、こちらも必見です。
 

Japanese entertainment mogul Johnny Kitagawa dies at age 87 – Japan TodayFacebookTwitterPrintEmailAddThis

Japanese music mogul Johnny Kitagawa, who shaped Japan’s boy band landscape for more than half a century, died of a stroke on Tuesday at a hospital in Tokyo, his office said. He was 87. Kitagawa, who founded Japan’s top male talent agency and production company Johnny & Associates Inc. in…

He was the subject of numerous allegations of sexual misconduct. In 1999, Japanese weekly magazine Shukan Bunshun published a series detailing accusations of child abuse and sexual exploitation made by several boys under his wing.

(訳)

彼には数多くの性的不正行為の疑いがある。1999年、週刊文春は彼が面倒を見ていた何人かの少年による児童虐待と性的搾取についての告発を掲載した。

ジャニー喜多川の海外報道に関するネットの反応

海外メディアなので忖度なし。 ジャニー喜多川氏、87歳で死去 男性アイドル市場で長年圧倒

ジャニー喜多川氏、87歳で死去 男性アイドル市場で長年圧倒 故人を美化しない海外ニュースで。確かジャニー喜多川って事務所のアイドルに手を出してる?って聞かれた時に「商品には手を出してません。ちゃんと遊ぶ用の子がいます」って言って騒ぎになったことなかったっけ?

”ジャニーズ事務所は業界であまりに圧倒的な存在だったため、ジャニー喜多川氏を批判することはほとんど不可能だった。強大なジャニーズ事務所を脅かそうと挑む人は、日本の主要メディアには皆無だった。” さすが海外メディア切り込むところが鋭い

海外メディアに平気で書かれている事を書けない日本のマスゴミのヘタレっぷり。 そして、これを逮捕できなかった日本警察のゴミっぷり。 BBCニュース - ジャニー喜多川氏、87歳で死去 男性アイドル市場で長年圧倒

ジャニー喜多川死去のニュース、海外のメディアは性犯罪で起訴されたことがある過去にも触れてるところがあるね。 日本のマスメディアはそういうところには触れないというか触れられない。。。

ジャニー喜多川の性的虐待問題、海外メディアから「なぜ日本の主要メディアはこれを報じないのか」と批判されるくらい日本では取り上げられなかったんだよな

どうやらその通りらしい。海外メディアは「負」の部分に関しても言及している。強い権力に簡単に屈する国内メディアは死んだも同然。政治に関しても同じ。 BBCニュース - ジャニー喜多川氏、87歳で死去 男性アイドル市場で長年圧倒

BBCもロイターも、海外メディアはジャニー喜多川の性的虐待にシッカリ触れている! ところが日本のメディアは、性的虐待には完全スルー これだから日本のマスコミは😞😣 Powerful Japanese boy-band producer Kitagawa dies at 87 | Article [AMP] | Reuters

ジャニーさん死亡について、海外メディアはちゃんと少年達に対する性的虐待疑惑のことや、日本メディアはジャニーズ事務所の力を恐れてそこに触れないことを書いている。ひたすらジャニー喜多川が聖人のように報道する日本。日本メディアもっと仕事しろよ。

ジャニー喜多川の性的虐待はイギリスBBCニュースでも事実として扱われている。 >少年たちを事務所で性的に虐待していると告発(中略)裁判には勝訴したが、のちに判決の一部が覆された。同氏が犯罪に問われたことはなかった。(中略)パワハラと性的虐待の告発が繰り返された

BBCの記事、ジャニーさんの訃報を伝え長年の功績を讃えると共に、その一方でかつての性犯罪疑惑も伝えているところが良い。 日本ではこんな記事出せないからなぁ。そしてタブロイド紙じゃなくBBCだからね。 ジャニー喜多川氏、87歳で死去 男性アイドル市場で長年圧倒

普段「権力に立ち向かい真実を伝えるのがメディアでありジャーナリズムである」とか言ってるマスコミ方は、このBBCのようにジャニー喜多川氏の功罪両面を報じることはしないんですね。他の訃報であれば「光と影」とか「成功の裏で…」とか報じるのに。

ジャニー喜多川、改めてググってみたけど、こんなに何回も元所属タレントから性的虐待の告発を受けてるんだな。裁判で事実認定もされてるし。ジャニー氏の死をきっかけにして、ジャニーズ事務所が健全な組織になりますように。

ジャニー喜多川の訃報に関して、「天才」だの「稀代の名プロデューサー」だのといった歯の浮くような礼賛報道ばかりで鼻白むばかり。「所属タレントを実の子供のように育てていた」だか何だか知らないが、陰湿な「性的虐待(パワハラ)」の紛れもない加害者である一面をきちんと取り上げるべきだろう。

さすがBBC、ジャニー喜多川氏の栄光と性的虐待の両面を描いてバランスのとれた記事になっている。 虐待を加えていたことは、どれだけ後からその子たちが売れても無視できない。推しが性的虐待に遭うなんて、許されてはならない。

ジャニー喜多川の性的虐待についてマスコミが触れない、という話をTwitterで見て、まぁなかなか、死去直後にそればかりもな…みたいに思いつつ夜のニュース見てたら、ほとんど「敬愛される国家元首の死去」くらいのノリで NHKまで扱っていて、なんやこれ…と真顔になった。なんやこれ




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

男性アイドルカテゴリの最新記事