蒲郡コロナばらまき男の死亡原因は?HIV陽性で白血病という噂の真相

愛知県蒲郡市のコロナばら撒き男こと「伴充雅」(ばんみつまさ)が入院先の病院で死亡したことが明らかになりました。この記事ではコロナばら撒き男の死亡原因とHIV陽性で白血病だったという噂の真偽、ネットの反応をまとめてみました。

2020年3月18日に愛知県蒲郡市で、新型コロナウイルスをフィリピンパブなどでばら撒いていた男が入院先の病院で死亡したことが明らかになりました。

コロナばら撒き男の氏名は「伴充雅」(ばんみつまさ)と特定されており、恐喝やひき逃げで逮捕された前科も暴かれていました。

この記事では、蒲郡コロナばら撒き男が死亡した原因とネットの反応をまとめています。



蒲郡コロナばら撒き男の死亡報道

蒲郡コロナばら撒き男死亡報道

愛知県蒲郡市で新型コロナウイルスに感染した50代男性が「ウイルスをばらまく」と知人に言い残してフィリピンパブなどを訪れた問題で、この男性が18日午後1時ごろ、県内の入院先の病院で死亡した

男性は新型コロナウイルス感染前から重い持病があったという。関係者への取材で分かった

男性は4日に陽性が判明した後、県の自宅待機の指導に従わず、1人で同市内の居酒屋とフィリピンパブに立ち寄った。両店は店内を消毒した上で同日から営業を停止。パブ経営者の男性は13日、営業を妨害されたとして県警蒲郡署に被害届を提出、県警は業務妨害の疑いがあるとみて捜査する方針を発表していた

中日新聞が蒲郡コロナばら撒き男こと伴充雅が死亡したことを報道しています。

伴充雅は新型コロナウイルスに感染していることを知りながら、3月5日にウイルスをばらまくためにフィリピンパブや居酒屋を飲み歩いていました。この行為が「バイオテロ」として大きな批判を呼んでいました。


伴充雅の死亡の原因は「重い持病」

蒲郡コロナばら撒き男こと伴充雅が死亡した原因は新型コロナウイルスだけでなく、「重い持病」と報道されています。

この「重い持病」とはなんでしょうか?

一部のインターネット掲示板には以下のような文章が出回っています。

「男性は新型コロナウイルスに感染前からHIV陽性、白血病、喘息を患っており直接の原因がコロナウイルスがどうかについては検査中とのこと」

しかし、こちらはソースがないデマです。実際には肝細胞がんであることが報道から明らかになっています。

白血病になると痩せると言われていますが伴充雅がフィリピンパブに行った際の画像を見れば、痩せているとはとても言えない太った体型であることがわかります。

蒲郡コロナばら撒き男がフィリピンパブに行ったときの画像がこちらです。

蒲郡コロナばら撒き男

蒲郡コロナばら撒き男のフィリピンパブ画像

フィリピンパブで女性と肩を組む伴充雅

おそらく体重は100kg前後はあるでしょう。この体型なら、肝細胞がんに加えて糖尿病である確率のほうが高そうです。


ネットの反応

今日の午後1時頃、蒲郡市でコロナウィルスをばらまいてやるとフィリピンパブ等に行き、他の感染者を出したとされる50代の男が病院で死亡した。フィリピンパブに行った後に病院に入院していたが容体が急変し亡くなったようだ。持病もあったという。また新型ウィルスの怖さが証された気がする。

愛知県蒲郡市のフィリピンパブで「コロナにばらまくぞ」おじさん死んだのさすがに天罰すぎる。おじさんのせいでこれ以上死人出ないといいけどね。あの世で反省して欲しい。

愛知・蒲郡でコロナ陽性と判明してから「うつしてやる」とパブに行った50代男性の事件といい、マスク転売で800万以上の儲けを得て「辞職はしない」と開き直る静岡県議といい、モラル崩壊と無恥主義の蔓延が本当におそろしい。

蒲郡の「うつしてやる」オヤジは自分が死ぬ可能性が高いことを知っててやったんだろうな。あるいはコロナ罹患に依らず先が短かったのかも知れない。最後の想い出にと乗り込んだクルーズ船でコロナをうつされたとすれば多少同情が…やっぱないわー。

コロナウイルスをバラ撒いてやるとバイオテロを仕掛けた愛知県蒲郡市在住50代の男が死んだそうだ。とび職で轢き逃げ逮捕歴もあったようだ。悪いやつが死んでざまあみろと思う反面、バイオテロに対する裁きを社会や司法の手で下せなかったことが残念でならない。


最新情報をチェックしよう!