バーガーキング秋葉原店が縦読みで閉店するマクドナルドに勝利宣言

バーガーキング秋葉原昭和通り店が縦読みで、閉店するマクドナルド秋葉原昭和通り店を煽っていた件についてまとめています。

  • 2020年1月31日
  • 2020年1月31日
  • グルメ

バーガーキング秋葉原昭和通り店が2件隣のマクドナルド閉店に際し、ねぎらいのメッセージを出しましたが、実はそのメッセージを縦読みすると煽りメッセージになることがわかりました。

メッセージは縦読みすると「私たちの勝チ」になることとから、「日本人のメンタリティでは受け入れられない」という声も上がっており、賛否両論です。

この記事ではバーガーキングの縦読みメッセージ画像とネットの反応をまとめています。



マクドナルド閉店→2件隣のバーガーキングが縦読みで勝利宣言の画像

 

マクドナルド秋葉原昭和通り店が2020年1月31日に閉店する見通しとなり、店舗に今までの感謝を込めたメッセージを掲出しましたが、2件隣のバーガーキング秋葉原昭和通り店が縦読みに「私たちの勝チ」というメッセージを仕込んだメッセージを掲出しています。

メッセージは一見、閉店するマクドナルドを称え、労をねぎらっているようにも見えますが、実は煽っていた…というわけです。

マクドナルドとバーガーキングの位置関係は駅前の激戦区で隣り合うようにして営業する、まさに商売敵と言っていい関係。以前から煽り合っていた可能性もあると思います。


マクドナルド秋葉原口店が閉店する理由は?

一説によると、マクドナルドが入居するビルが老朽化のため建て替えで閉店せざるを得なかったという情報がありますが、詳細は明らかになっていません。

ただ、駅前の超一等地ですので、決して集客に困っていたわけではなく、集客以外の点で、何らかの問題があったものと思われます。


ネットの反応

これはいろんな意味でバーガーキングの勝ちだわw

逆の方が美しかった気がしました。

バーキン、下向いて笑い堪えてる説

これ残念とか怖いっていうコメントもあるけど、本国アメリカでは🤡vs👑とかコーラ対決とか、こういう遊び心のある広告は珍しくない。大人の「遊び」を思わせるこういう広告はお互いの宣伝にもなるから共栄って感じで好きだけどな😊

この縦読みは、秋葉原だからこそだよな。他のところでやったら、もっとヒンシュクだったと思う。

本家メリケンでのバーキン広告の所業(マクド全力で燃やすマン)を知っていると「まあまあ日本のバーガーキングはんは縦読み程度でお優しい」とニヤリとなるのだけど、日本ではなかなか受け入れられんかねぇこういうの。

バーガーキングのやつ、なんでわざわざ最後に縦読み挟んだのか理解に苦しむ。日本ではこういうのジョークとして理解してもらえないと思うな。評判落とすだけで誰も得しないだろこれ。

バーガーキングの縦読みに対して「怖い」とか「もう行かない」という旨のコメントの多さが目を引くんですが、企業規模を考えると痛快!と思えないあたり、この手のライバル企業挑発広告は、日本人のメンタリティに合わないんだなぁと。。。(作り手としては、つまらん)

閉店するマックにバーガーキングが感謝に見せかけた縦読みの煽りを贈るプロモーション、もし内容が逆で、一見すると煽っているように見えて縦読みしたら「おつかれさまでした」とかになってたらと思うとかなり最悪なのでそうしなかったというだけで肯定的に評価してしまいたくなる。

マックをメタクソ挑発するバーキンだけど、常にリスペクトも忘れてない

バーガーキングはマクドナルドを小馬鹿にしているように見えますが、決してリスペクトは欠いていない。これはアルゼンチンのBK全店が1日だけワッパーの販売を拒否し、マックへ行くように促した施策(A Day Without Whopper)です。その日はマックがBigMacの売上を慈善団体に寄付する日だったんですね。


最新情報をチェックしよう!