ボビー・オロゴンの妻「キョウコ・コンダ」画像が流出!不仲説と素性に迫る

ボビー・オロゴンの妻「キョウコ・コンダ」(近田キョウコ)がかなりの美人であることがわかる画像と、その経歴や素性をまとめてみました。

2020年5月16日、ボビー・オロゴンが自宅で妻を殴ったとして逮捕されました。

ボビー・オロゴンこと近田ボビー容疑者は、1999年に妻と結婚し、2007年に日本に帰化。妻の姓「近田(こんだ)」を使い、「近田ボビー」という日本名になっています。

そのボビー・オロゴンの妻は「キョウコ・コンダ」という名前であることがわかっています。

この記事ではキョウコ・コンダの画像や素性を調べ、まとめてみました。

ボビーに殴られた嫁「キョウコ・コンダ」画像

まず、ボビーの妻である近田キョウコ、もしくはキョウコ・コンダの画像は日本のメディアには今日に至るまでいっさい流出していません。

しかし、英語圏のメディアではたった1枚、キョウコ・コンダの画像が流出しています。

ボビー・オロゴン妻「キョウコ・コンダ」

30代後半から40代ごろの画像だと思われます。かなり美人ですね。

ボビー・オロゴンの家族がテレビ出演する際も妻はいっさい表には出てきていないという徹底ぶりですが、これは日本で生活する以上、プライベートを守りたいという考えがあるものと思われます。

英語圏のメディアに対しては気が緩んだのか、何かの間違いで流出してしまったのか、いずれにしろネット上に存在する「キョウコ・コンダ」「近田キョウコ」の画像はこの1枚だけです。

ボビー・オロゴンの他の家族については長男がジョイ、長女がローズ、次女ココ、三女リリ、次男ハッピーステップと5人の子供がいることがわかっています。


ボビー・オロゴン逮捕容疑は「指先でたたいた」から

ボビー・オロゴンの逮捕報道を振り返ってみましょう。

妻の顔面を指先でたたいたとして、埼玉県警は16日、タレントのボビー・オロゴン(本名・近田ボビー)容疑者(54)を暴行の疑いで現行犯逮捕した。県警によると「暴力はやっていない」と否認している。

逮捕容疑は16日午前11時50分ごろ、さいたま市浦和区の自宅で妻の頬を指先でたたいた疑い。

浦和署によると、妻から「顔をたたかれた」と110番があった。同署は夫婦間でトラブルがあったとみて、経緯を調べている

「自宅で妻の頬を指先でたたいた」という程度の疑いで逮捕されていますが、根拠としては妻からの110番通報があったことと、ボビー・オロゴンが過去に格闘家としても活動していたことが影響していると考えられます。

しかし、通常はこのような軽微な容疑で逮捕までされることはまれです。少し不自然な印象は否めません。


ボビー・オロゴンとキョウコ・コンダの馴れ初めは?

ボビー・オロゴン逮捕の不自然さを紐解くために、キョウコ・コンダとボビー・オロゴンの馴れ初めから振り返ってみましょう。

キョウコ・コンダはボビー・オロゴンと1999年に結婚しています。

キョウコ・コンダが現在46歳なので、つまり当時25歳前後だったことになります。

この2人は東京のバーで知り合い、その後、交際。このときキョウコ・コンダは保険会社で働くOLだったことがわかっています。

その後、ボビー・オロゴンがナイジェリアに帰国する際にも同行し、1年のナイジェリア生活の後に、ナイジェリアで結婚しています。

── 奥様とはどういうところで知り合われたのですか。
 東京のバーです。最初は結婚しようと思っていなかったのですが,2週間会ったときに,一緒に住みたいと言われて,一緒に住みました。ただ,その時は日本でいろいろうまくいかなくて,ナイジェリアに帰ると言ったんです。そうしたら,奥さんが一緒に行く
と言ったので,向こうに1年ぐらい住んで,向こうで結婚しました。

向こうでは,停電になったり,いろいろ不便なことがあるわけですよ。それでも耐え抜いたから,もしかしてこの人が僕の奥さんなのかなと思って結婚しました。それで,子どもができたときに,日本で産みたいと言って,日本に帰ってきました

きっかけはいわゆる「ナンパ」なのでしょうが、日本人女性と外国人男性の結婚ではよくある話です。

この経緯からキョウコ・コンダがボビー・オロゴンとの大恋愛の末に結婚した様子がわかります。


ボビー・オロゴンは2006年にも暴行で書類送検

ボビー・オロゴンは2006年に政治家・鈴木宗男の元秘書ジョン・ムウェテ・ムルアカ氏に暴行した疑いで書類送検されています。

しかし、このときは当時の所属事務所アールアンドエープロモーションでギャラをめぐり対立し、事務所内で大暴れしていたのを仲裁に入ったムルアカ氏に暴行したという経緯だったため、大きな批判とはなりませんでした。

また、ムルアカ氏とともに世間を騒がせたことに対して謝罪会見もしています。


過去には別居が明らかになったことも

2017年にはボビー・オロゴンは家族と別居していることがテレビ番組「メレンゲの気持ち」の中で明かされています。

これは子供がオーストラリアに入学するため、母親、つまりキョウコ・コンダがオーストラリアに同行したためであるとも説明されました。

要は「不仲だから別居しているわけではない」ということです。

しかし、現在はキョウコ・コンダが「頬を指先でたたいた」程度の罪で110番通報し逮捕させていることを考えると、夫婦仲も非常に疑わしくなります。

もちろん、どんな状況であれ男性が女性に暴力をふるってはいけません。「頬を指先でたたいた」ということになっていますが、実際には痛くなくても恐怖感があったことは用意に想像がつきます。

ただ、ボビー・オロゴンは現在もテレビ番組にレギュラー出演しているため、妻への暴行容疑で逮捕され表沙汰になると、活動自粛へと追い込まれる可能性があります。

こうした経緯から、現在ボビー・オロゴンとキョウコ・コンダは現在、不仲だと想定されます。

まとめ

キョウコ・コンダについてまとめると、ボビー・オロゴンとの大恋愛の末、5人の子供をもうけましたが、別居や家庭内DVが表沙汰になるなどの経緯から、現在は夫との不仲が疑われる…ということになります。

ボビー・オロゴンが15年以上の芸能活動歴を誇りながら、いままで日本のメディアには写真の1枚も流出していないことを考えると、かなり慎重でプライベートを明かしたがらない素性の人物であることはたしかです。


最新情報をチェックしよう!